FC2ブログ

6/16 (日)~6/18(火)の猥褻痴療カルテ

水城 エリ


■6/16(日)
肛門アクメ痴療
本格M痴療クランケY

 クランケの体が、絶叫と共に宙に浮くくらいの勢いで、激しく跳ねる。 目を剥き、喉を反らして叫びながら、麻縄をギチギチと肉に食い込ませながら、悶えている。 軋む体の苦痛など感じないほどの快楽が、脳から肉体へと流し込まれているのだ。
肛門で逝き狂う雌堕ちした変態クランケに更なる陵辱を与え、楽しむことにしましょう。

うふふふ♡

ご予約、ご指名、有難うございました。カルテは軽めとのご要望でしたので、こんな感じにしました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■6/18(火)
両穴陵辱人格破壊痴療
本格M感痴療クランケK

 使い捨ての導尿カテーテルは進化している。痛みが無くスルスルと膀胱まで到達できるのだ。
クランケの尿を採取。思った以上に大量である。

 

肛門に電流が流され、空になった膀胱に
ブジーを尿道口にあてがうと、尿道の壁をズルズルと引っかきながらブジーがに肉棒に突き刺さっていく。 

散々焦らされていた身体は、もう限界を迎えている。ジュプジュプと前後の孔を容赦なく攻められて、意識は擦り切れる寸前だった。 

 「はあぁぁぁぁぁぁだめ……‬っ!! ああぁぁぁぁぁもうイッちゃうイッちゃう!!!」  
 

 

珍グリ返しにされ、下品な穴は見事に晒され、頭上には自身の逸物が膨れ上がり、臨界点を超えている。羞恥を伴う快感に唇を噛み締め、小刻みに両脚を痙攣させながら嬌声を上げてよがり狂うクランケ。

陥落を拒むクランケに女は、残酷な強要を迫る。何時でも堕とせるクランケの拒絶する様を存分に眺め、心ゆくまで哀れな叫びに耳を傾け、目で楽しんでいるのだ。
今にも爆発しそうな肉棒の先端を目の前に、クランケの精神は絶望と期待に混乱しているに違い無い。その僅かな理性を吹き飛ばしてあげるわ!!!




その舌で精液の味を堪能しな!!!!

顔を自らの精液で彩る征服感や破壊感で性的な興奮をクランケは感じたのだ。 
 
うふふふ♡

いつもご贔屓にして下さり心より感謝致します。ストレスが溜まった時は変態遊戯で全てを忘れましょう。またのご来院を心よりお待ちしております。



■6/18(火)
秘密痴療
本格M痴療クランケH

 ご指名にビール差し入れ有難うございます。カルテはいつものように非公開にしておきますね。またのご来院を心よりお待ちしております。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply