fc2ブログ

淫乱クランケの発情誘発羞恥痴療

水城 エリ


■クランケHの発情誘発羞恥痴療

 
 その裸体のくねりを目で愉しみ、淫猥に歪んだクランケの唸りを耳で味わいながら、乳首と肉棒の皮に挟んだローターが淫核の先端を容赦無く刺激する。

 「やぁぁぁ――――――――――――――――んっ!!あぁぁぁぁぁぁ――――――――ん」 

強い快楽でいたぶられるクランケは、口でくぐもった呻きを上げながら立ったままの体勢を強要され、肉体をビクつかせる。

音量注意



ベッドに押し倒し、卑猥な責めが過激化する。尿道を擦りあげるブジーはペニスのように犯す。アナルを指で解し、男のGスポット(前立腺)にあてがうと、肉体が生き物とは思えないくらいに激しく震え、硬く張り詰めた肉棒の先端から白がほとんど混じっていない体液がじんわりと溢れ出した。

「んぉぁぁぁぁぁ――――――――、、いいのぉぉぉっ!! あぁぁぁぁぁぁぅぅぅっ!! あああー――――――――んッああああああぁぁぁぁぁぁ!!またぁいっちゃうの――――――――ッ」

性器に変えるファッキングマシーン機械姦で汗と唾液でぐちょぐちょに汚れた肉体をくねらせ、数え切れない絶頂へと押し上げられてしまう。
アナルを貫いているマシーンのディルドは、絶頂に合わせて収縮している腸壁を問答無用にピストンを繰り返し、掻き毟り続け、クランケはイキ続けるだけの廃人となってしまった。
達しても達しても終わらない絶頂地獄。そこから抜け出したいと思っても、終焉は私が握っている。

喉が破れんばかりの声で喘ぎ、痴態を目と耳で愉しむ私の顔は凄く残酷な笑顔に違い無い。
脳やアナルでイキ狂う変態野郎を眺めるのは、、、



最高過ぎるでしょw

うふふふ♡

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply