FC2ブログ

8月中旬~8月下旬までの猥褻痴療カルテ

水城 エリ

 
 沢山のお問合せ、ご予約有難うございます。全ての方の個人カルテを記載したいと思うのですが、時間的に大変厳しく、お写真を撮らせて下さった方、カルテご希望の方を優先して記載させて頂く事にしました。ご理解のほど宜しくお願い致します。



■7/31(水)
必殺淫技Wフィスト愉悦投与
本格M痴療クランケK

クランケK記載漏れしておりましたので本日UPさせて頂きました。

 噂のワイン浣腸を試してみたいとのことで、アルコールに強いクランケなので一本注入してみる。 腸内に赤い浣腸液が一気に侵入。普通の人間なら泥酔となっているはずだが、ホロ酔いくらいという強者だ。
 
 

しかし、熱をもった腸内は拡張準備と理解したようにガバガバに拡がった。
 
 

私の右手はスルリと入り、腸内の襞ヒダが絡みついて、ギューっと締めつけるような感覚を味わい、右腕も蕩けるような感じに恍惚。ほどなく、右腕は手首まですっぽクランケの腸内の中に納まり、中で指を広げてみた。 粘膜襞や軟肉に擦り込んだローションで刺激され、激しく反応し、悶え始める。 

人間の体温の中で、ローションも柔らかくなり、溶け始めてきた頃に、右腕の隙間から左手のを挿入してみる。すると躊躇なく左手も呑み込んだ。

 

腸内で手と手を握り、さらに奥へ奥へと挿入させた。腸内の軟肉淫襞の淫らに動く感覚を感じ、出したり入れたりを繰り返し始めると……

終わらないオーガズムに……

うふふふ♡

電流はMAXでも大丈夫、Wフィストも余裕、相変わらず変態度数が高いクランケK。
両手が性器になったみたいに脳が蕩けてしまった私。ご予約、ご指名有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■8/11(日)
機械姦イキ狂い痴療
本格M痴療クランケW

 機械に押し揉まれ続けているお尻が遂に、歪んで開かれてしまう。 
お尻の谷間がぱっくりと開かれて、滲んでくる粘液で受け入れさせられてしまう。お尻から全身に伝わる機械の振動。息は湿って体温が上がっていく。
強い尻悦が腰に打ち込まれた。  強い衝撃にビクンッとなって、背筋が仰け反って、杭を打ち込まれたかのようにまっすぐなる。

本当は頭が真っ白になってぼーっとしているのに、強がりをみせているクランケ。倒れそうになったところで意識が戻り慌てて体勢を整えている。 証拠に意識は戻っても身体に刻まれた絶頂感は失われず膝はガクガクと揺れているのだ。

 

うふふふ♡

相変わらずの拡がり具合に♡でした。タイミングが合わず、ご予約が取れない日も有りましたが、挫けずご連絡下さり有難うございました。今後も変わらずのご贔屓宜しくお願い致します。
たのご来院も心よりお待ちしております。



■8/13(火)
昇天アクメ雌イキ痴療
本格M痴療クランケN


 

 甲高い悲鳴を発しながら絶頂へと追い立てられる。尻穴の奥深くまで淫具に浸食され、淫具の表面には醜悪なイボで柔らかな肉壁を掻き回されているのだ。尻穴が絶頂に合わせて収縮しているが、何度も絶頂に押上げられた腸内は、阿婆擦れのマ●コように緩くなっている。
射精とうい男の本能まで忘れてしまったのか?精液が枯渇しているのか?

過敏な亀頭に淫具をあてがわれ容赦無く振動させられている肉棒は、勃起はするが射精できないとうい、いたぶられ続けたクランケは、プライドを守る余裕すら削ぎ落とされてしまった。わずかな休憩すら挟まれない拷問のような快楽責めで、自制を促す思考も残っていない。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ――――――!!いぐぅぅぅぅぅ!!!!!」

放置していた尖りきった左右の乳首をクリップで挟み、振動で捻られる。足の裏や太ももといった皮膚の薄い場所も指先で擽るようにまんべんなく撫でると、獣のような絶叫を上げて絶え間無く絶頂するイキ狂いの状態に陥ってしまった。 

「あぉっ―――――――――――――――――― いぃぃっ! あーぁぁぁぁ――――――――――――! ぃぃぃぃぃーっ!!唾を――――――ぶっ掛けてぐださぁぁぁぁぁぁ――――――
い!!!!!」  

嬲られるがままにイキ狂い、弄ばれるがままに絶頂に至る。それだけの存在に堕とし、間もなく理性が崩壊に向かうクランケの顔を見下し、私の脳の興奮が加速する。
ファッキングマシーンで直腸粘膜を擦り上げれば、四肢は痙攣し、クランケは瞬く間に全身を強張らせてアナルアクメに耽溺し、昇天した。

 うふふふ♡

日頃よりご寵愛して下さり心より感謝しております。
月曜日はお休みなので、ご期待に添えず申し訳ございません。またのご来院を心よりお待ちしております。



■8/16(金)
電流陵辱猥褻痴療
本格M痴療クランケT

「あぁはっ…あっ…あぁぁぁぁぁ」  

すぐには収まらない余韻に、クランケは体を震わせ続ける。だがそこへ再び、吸着したパットから弱電流が流れ始めた。 筋肉が脈動を速め、通電された肛門がチリチリと疼く。菊門が何度も引き締まり、痙攣させてられている。それにも増して圧倒的なのは、やはり尿道電流責めだった。閉じた割れ目の中で敏感な粘膜が細動して、前立腺に繋がる筋肉に、電流の纏わり付く。
自分では制御できない痙攣が押し寄せ、クランケは身をよじらせる。

ジリジリと神経を掻き回す刺激が前立腺を蹂躙し、流れ込む電気の奔流は尿道を絞り上げ、絶頂へと追い込んだ。 

絶頂で意識が遠くなったのも束の間、すぐに押し寄せる電流パルスの波が腹の筋肉を引き攣らせ、男性器の奥底まで痺れさせる。

 

悶絶の極みでイキ果てる男のロマン。 二つの穴を犯す電流が イケばイクほど過激になって快感のレベルに発狂しそうになる。前立腺圧迫される突き込みと、肉壁を掻き撫でる刺激は、肛門をすぼませる括約筋を緩ませ卑猥な性器になる。

うふふふ♡

ご予約、ご指名有難うございました。電流パーティになってしまいましたね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■8/20(火)
ウエットオーガズム痴療
M性感痴療クランケT

 前立腺への刺激を経由して射精を促す「ウェットオーガズム」 アナルを刺激しながら、ペニスも刺激することで性感帯を増やし、同時に男性機能も向上します。  
カウンセリングを経て、触診に。 四つん這いにさせ、数分間、肛門周囲をほぐすと、驚くほど自然と指が入る。

「全然痛くないでしょう?」
 
 

前立腺を刺激した快感と同時に、前立腺を押すことで、戻るときの反射として勃起し、ペニスとアナルを同時に責められていくと、今までには無い不思議な快感が脳内を支配していく。 途中でペニスを触るのをやめたのに、アナルだけでも気持ちよくなってきてしまう新快楽。 開発を進めると最後には痺れるような射精が………。 

初めてのアナル開発に私を選んで下さり感激でございました。名古屋の出張の際は是非に。
またのご来院を心よりお待ちしております。



■8/22(木)
貞操概念剥奪痴療
本格M痴療クランケN

 貞操観念が無い厭らしい口と肛門。 黒い逸物を見せ付けると、すぐさ口で咥え込みカリをベロベロペチャペチャと舐め回している。

たっぷりと可愛がってあげるわ!

 

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁああああぁあぁぁぁっん………。」

肉の膜が破るような音が鼓膜に響くと共に、黒い逸物を押し込むと 接合部からジワリと淫汁が滲む。 肉体を反らし、男性とは思えない喘ぎで快楽を貪っている。 脳内や尻穴に流れ込む牝の悦び、肉棒の自慰とは比較にもならない程の激烈な気持ちよさがひたすら流れ込む。  黒い逸物が腸内をせり上がってくる快感と、不浄の穴が激しく擦れる快感。
膣に変貌した腸内を黒い逸物が蠢き暴れ、クランケの脳の許容量をオーバーフローさせていく。

本当に厭らしい膣肛門ね♡

うふふふ♡

何度も電話を下さり感謝しております。変わらずのご寵愛にも❤
またのご来院を心よりお待ちしております。



■8/25(日)
残酷罵倒脳イキ痴療
本格M痴療クランケS


昔、知人の女性にチンポが見たいと言われ、パンツを脱いで見せたら………  

『ちっさッ!!!!』と言われ、 

 舐めてみると言ったら……… 

 『無理!!!!』と言われて興奮した変態野郎。

こんな真性包茎のチンボなんて誰が舐めたい!?触りたくもない!マンコに入れるなんて地球が滅亡してもあり得ないだろ!!!
チンボはカリがデカくて天上に向けて聳え立つ立派な物が女は好きなんだよ!
 
 

これがチンボだ!!!!

敏感な股をヒール踏まれるられる感触に口から嗚咽が漏れる。 短小包茎のチンボを愛撫してくれるのはヒールか電マしか無い惨めな変態マゾ!!! 

マゾ野郎!!惨めなお前は女のアソコから流れる聖水で温もりでも感じてな!!顔面を愛撫されて嬉しいだろ!!!

 
 

うふふふ♡

長年のご寵愛有難うございます。今月もカルテも楽しみにしておいて下さいね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■8/7(火)
洗脳調教メゾット痴療
本格M痴療クランケH

今から調教を始める。私の言った後に復唱するのよ!『私は奴隷です』さあ、言いなさい!!

「ぎゃああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁッ!!」

突然、クリップが挟まれた敏感な突起部分からバチバチと音が鳴り、全身に向かって電気が走った。 その瞬間、駆け巡る電流によってクランケの体が勝手に跳ねる。 

 言い忘れたけど私の後に続いて復唱しないと電流が流れる仕組みになってるのよ!『私は奴隷です』さあ、言いなさい!

「い、嫌だぁ!!!ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁんぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

時間にして五秒間、クリップから電流が流れ続ける。それも陰核からの刺激だ。  その衝撃たるや生半可のモノではなく、目の前が真っ白に染まる中、体が弓なりに反ってしまう。

言わない限り何度でも繰り返すわよ!『私は奴隷です』意地を張らずに復唱しなさい!

「絶対言わない!ぎぁぁぁぁぁぁぃぃぃぃぃィィッ!!」 

 意地を張るなと言われればなおさら意地を張ってしまうクランケだが、クリップから放たれる電撃の威力がどんどん強くなっていることに恐れを抱く。  筋肉がピクピクと弛緩し始め、四肢が痙攣している。自身の肉体が勝手に反応してしまう電流責めは未知の体験だったのだろう。

威勢のいいこと。なら、これでどうかしら!? 
ヒュ――――ンッ!バッシィ―――ン!!パァァァ―――ァン!!
革の鞭が、クランケの肉体を容赦なく鞭打つ。無残な鞭痕がニ本三本と刻みつけられていく。

口に出すだけでいいのよ!倒れ込むクランケの耳元で優しく囁く。

「本当に口に出す、だけで?」 

そうよ『私は奴隷です』もう電流も鞭も嫌でしょう?復唱しなさい!

「ぼ………くは、奴隷、です……」

電流も流がさず、鞭も打たないで洗脳する。
もう一度、聞こえるように大きな声で言うのよ!『私は奴隷です』さあ!

「僕は、奴隷です……」 

許容量を超える電流責めと鞭責めにより、白目を剥いて舌をだらりと垂らし、涙と涎、鼻水までこぼしたしまりのない顔に変貌してしまっている。

 

己の性欲を満たすだけのみに使用する性玩具の奴隷調教。命令に背けば、強烈な鞭の嵐。 肉が弾けるこの響きは、私に高揚感をくれる。 傷みと悦びは表裏一体である。支配と服従、主従関係と精神で繋がれたクランケと私の世界。
 
うふふふ♡

何度かお電話を下さり感謝しております。今回はお互いに脳イキして廃人になってしまいましたね。次回のご予約も有難うございます。ご来院を心よりお待ちしております。



■水城エリ先生の診療科目■

肛門科

泌尿器科
変態全般診察……笑

■11月診察予定日■

31日(木)18:00~24:00

11/1日(金)18:00~24:00

2日(土)18:00~24:00

3日(日)18:00~24:00

4日(月)クリニック定休日

5日(火)18:00~24:00

6日(水)18:00~24:00

7日(木)18:00~24:00

8日(金)18:00~24:00

9日(土)18:00~24:00

10日(日)18:00~24:00

11日(月)クリニック定休日

12日(火)お休み

13日(水)18:00~24:00

14日(木)18:00~24:00

15日(金)18:00~24:00

16日(土)未定

17日(日)お休み

18日(月)クリニック定休日

19日(火)18:00~24:00

20日(水)18:00~24:00

21日(木)18:00~24:00

22日(金)18:00~24:00

23日(土)18:00~24:00

24日(日)18:00~24:00

25日(月)クリニック定休日

26日(火)18:00~24:00

27日(水)18:00~24:00

28日(木)18:00~24:00

29日(金)18:00~24:00

30日(月)クリニック定休日


エロスで卑猥なM男性専門診察致します。



患者様へお知らせ。

■有難い事に、私をご指名下さる患者様でご予約完売してしまう日も多くなりました。当日、ご案内出来ない状況になりましたら、早めに受付を終了する事もございますのでご了承下さいませ。
■週末のホテルは大変混雑しておりホテルパックでのご案内ができない状況が多々ございます。
ご利用日時がお決まりになっている患者様は、お早目の事前予約や、当日の16:00~18:00迄にご予約を済ませて頂けるとスムーズにご案内ができます。 

LINEで事前予約可能になりました!!
名古屋メンタルヘルスクリニックを友だちに追加するには、スマートフォン端末にLINEをインストールした後、下記リンクをクリックするか、添付のQRコードをスキャンしてください。 

 https://line.me/ti/p/KqhRIDNirP

LINE
お気軽にお問い合わせ下さい。




痴療カルテ愛読者、変態な患者様は応援クリックしてね!多ければ多いほどカルテの内容が厭らしく変態になります。

↓ ↓応援クリック↓ ↓



seikan★sm 

M男性専門 

-名古屋 メンタルヘルスクリニック-




OPEN18:00~CLOSE翌1:00

ご予約:PM16:00~

(一週間前までの予約まで承ります)

TEL.080-5124-4457



【クリニックサイト】

http://dr758mhc.com



















関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply