FC2ブログ

4/17(水)~4/25(木)の猥褻痴療カルテ

水城 エリ


 前回記載した4/17(水)のカルテ全て、痴療日に誤りがありました。正しくは4/20(土)の患者様のカルテの内容となります。
17日にご来院下さいました患者様のカルテは本日記載させて頂きました。20日の患者様のカルテは痴療日を訂正して再度UP致しました。
楽しみにして下さっている患者様にご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます。



■4/17(水)
喪失快感イキ狂い痴療
本格M痴療クランケN

  嬲られ続けていた乳首は人間の物と思えない程に赤く腫れ上がり、堅いレーズンの大きさまで膨れ上がっている。 この下品な乳首は脳イキする淫核である。 

尿道の中までをめちゃくちゃに刺激され、休み無く責められ、萎える事も出来ず、クランケのペニスは卑猥に揺れている。 乳首、ペニスに加え、クランケの恥ずかしい穴。アナルまでをも犯して玩具にして楽しむ。 両方の穴から前立腺を細かくしつこく刺激して、強制的に何度も絶頂を極めさせられているのだ。

 


性器や肛門、尿道の拘束ですでに身体の芯が熱く火照っていた上に、両乳首をつまみ出されて固定され、無限に続くとも思える甘い喪失快感に晒されながらイキ狂うといいわ! 

うふふふ♡

忙しいのに時間を割いてまでご来院下さり心より感謝いたします。貴方様はもう、わたくしのバイオリズムの一部です(笑)
暑くなってきましたので自愛して下さいませ。またのご来院をお待ちしております。



■4/17(水)
激烈開発療法
M性感痴療クランケS
 
 ドライオーガズムに執着心を抱くクランケ。 腺、精嚢、膀胱、、前立腺、腸壁等々を激烈開発し、現実から解放させる。アナルには違和感があるようで、少しづつでもマスターできるお手伝いが出来たら幸いです。ねっとり亀頭責には悶絶!!!肉棒の感度は人一倍のご様子でしたね。ご予約有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/18(木)
服従精神投与
本格M痴療クランケH

 態度が悪いクランケには屈辱の人間牧場に投入する。 愚痴を溢した数だけ鞭が増えるってことくらいお前だって解っている筈だ。 1回。2回。3回。 容赦なくやってやる、鞭の連打。胸だけでなく、腹や、腿や、背中にも。そして………ペニス!!

「あぐっ……ああああああああああああああああああああああああああああああっ!」 

 クランケの口唇から絶叫が迸る。 "そこ"を打たれた経験など、生涯を通じて当然初めてだったであろう。  柔らかな棒を力いっぱい打擲されることなど、ありえない。 

目の奥で火花が散るような鮮烈な衝撃。今日まで想定することもなかった未知の刺激に、クランケは全身を慄かせる。身動きできない状態で、容赦なく言葉や鞭を浴びせられ、強がりなクランケも、なぜか身体は熱を帯び、現実に気が付く。

この女に服従するまで続くことに………

うふふふ♡

ジュゼッペ・ザノッティの靴をお土産に頂けるなんて感激過ぎました!!次回は、この美しい靴で肉棒を………笑
いつも気を遣って下さり感謝しております。ご指名、ご予約有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/20(土)
変態劣性遺伝子撲滅痴療
本格M痴療クランケK 

『緊縛輪姦凌辱』 尿道、肛門、穴同時調教され、男のくせに数十回に及ぶ絶頂アクメ。

そして失神…………

魔物の巨根黒ペニスで腸内を蹂躙され、潮を散らしながら恥辱レ〇プ !!! 

「汚くて臭い精子が沢山でちゃったね。イキ過ぎてチンポが不能になっちゃうんじゃないかと思うほどだわ!この猛烈に臭い精子が、誰かに受精しなくて本当に良かったわ。変態劣性遺伝子なんてこの世に残しちゃいけないもの!」 

うふふふふ♡

尿道も肛門もアンアンイクイク性器になっちゃいましたね♡ホント助平な穴だわ♪いつもご贔屓下さいまして感激です。 またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/20(土)
淫語トランス痴療
本格M痴療クランケY

貴方様ような変態脳は性を脳で感じ、淫語でトランス状態になる。 囁く言葉でイキ狂う貴重な変態脳は才脳よ………。安定の変態脳

うふふふ♡

変わらずのご寵愛に感謝しております。カルテはいつものように軽めにしておきますね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/20(土)
交尾強制雌墜ち痴療
本格M痴療クランケI

 全身性感帯なクランケは肉体に指が触れるだけで身悶えしている。 理性を食い破らんばかりに穴を疼かせているクランケは、まるで子宮が甘く疼くように乱れ狂っている。 うつ伏せにし頭を抑えられながらペニスを挿入。 交尾を強要すると、心の底から屈伏し、淫靡な刺激を受けるとたちまちいやらしい反応をしてしまう淫乱雌男。 

猛烈な疼きに理性が負けた瞬間である。

腸壁を擦りながら、菊門を押し込んでは捲り返し、どす黒い快感にその身を焦がす。

うふふふ♡

バックで突かれるのが好きだなんて………それはメス犬ですよ♪ また卑猥な肛門遊びを致しましょう。 ご予約、ご指名有り難うございました。 またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/21(日)
奴隷認識療法
本格M痴療クランケT

 その時、僕は改めて自分が“奴隷”であるということを認めた“一本鞭”。 
今回はごく自然に、自分が“奴隷”であると認めてしまった……。
正座をし、頭を床に付けてご主人様に向けて、感謝の言葉を述べる。

それが僕の幸せ……。 

調教しがいのある可愛い子な貴方様。ご指名と素敵な肉体のご提供に感謝致します。またのご来院を心よりお待ちしております。 



■4/21(日)
肛門生殖器転換痴療
本格M痴療クランケK 

 目隠しをさせ、うつ伏せに寝かせたクランケに指愛撫で性感帯を刺激していく。 触れるか、触れないか、ゾワゾワとずっともどかしい快感を常に与え続けられている。 全身への指愛撫は巧妙かつ執拗で、始まってすぐに火照らされた体が一切冷めることなく疼きつづけている。 その証拠にクランケの体は触れる度に腰を捻らせ厭らしい雌の喘ぎ上げている。 亀頭に触らないよう注意しながら、解ほぐすようにアナル周りを指でマッサージする。 更なる快感を求めているのか、自然と腰を浮かせて股を開いていた。 

『 肛門に生えた毛まで丸見えよ!指チンボを咥え込む下劣な尻穴を瞬きせず見てあげるわ!』

アナル周りのローションをしっかり指に絡めると、1本の指をアナルに差し込んだ。  クランケの体は、既に快感が飽和状態にあったが、アナルへの刺激に強く反応している。 ザーメンを貯蓄している袋は、まるで弾ける寸前の風船が、更にひと膨らみするかのようにギリギリの状態で爆発寸前。 前立腺にあてがわれた指をゆっくり動かしながら、クランケの耳元で囁いた。 

 『 好き者ね♥ 』 

わたくしの甘く囁く声と、耳に吹きかけられた息、そして途端に激しくなったアナルへの刺激で、快感の風船は破裂寸前の状態で一気に膨らんだ。 女を抱くように指チンボを挿入したまま、数種類の体位で腰を振り、亀頭をクリトリスを扱うようにネチネチと責め立てる。 アナルの気持ち良さを知ったクランケは………………。

オマンコ最高ですぅ!!!!!

初めてだというのに破廉恥な言葉を叫びながら、ザーメンを放ちました。

うふふふ♡

今後の成長が楽しみでなりません。 ご指名、ご予約、肉体のご提供に感謝致します。またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/24(水)
秘密痴療
本格M痴療クランケU

変わらずのご寵愛に感謝しております。カルテはいつものように秘密にしておきますね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/24(水)
快楽地獄放電療法
本格M痴療クランケN

支配と被支配……… 紳士淑女の倒錯した欲望解放遊戯。 

 自由も、視覚も、奪われた。クランケに残された自由はギャグに押し潰された苦悶の悲鳴を上げる自由のみだった。クランケは轡を噛み締めた。せめて轡を噛み締める事で、これから加わるだろう苦悶に耐えようと思った。腹から性器そして肛門から尻の肉が震えた。太股の肉がひきつる。

乳首に小さめのクリップが嵌められる。尿道にはブジーを挿入。肛門にアナルストッパー状の物体を捻り込んだ。

何の前触れもなくスイッチON!!
クランケの乳首から尿道、肛門に激しい電流が走った。クランケの股間が激しく上下し、打ち震えている。

 

剥き出しの肉棒を熱虐で責め、トドメの蝋涙が滴る。
 
 

空気を裂く音、肉を打つ音、全く容赦の無い鞭打ちでクランケを追い詰め、紅い刻印を刻みつける。

シャッター音に合わせて、クランケは絶頂を迎えた。自分の恥ずかしい達した瞬間を画像に残されてしまったと思うと、どうしようもない絶望と破滅的な悦びを覚えてしまう。 
はしたない声で喜悦を告げ強烈な脳内エクスタシーを迎え、涙声に似た哀れな叫びが室内に響き渡る。

うふふふ♡

これからも、もっともっと素晴らしい変態脳に調教してあげるわ。ご贔屓有難うございます。またのご来院を心よりお待ちしております。



■4/25(木)
放置体液採取療法
本格M痴療クランケG

 緊縛され、視界を塞がれた一人の男がベッドの上で口枷をされ、喋る事も許されず、鼻フックで鼻を吊り上げ飾り物として放置されている。 そんな男を女は眺め嘲笑う………

女の指は鋭利な突端を持つ下劣な生殖器。縛り放置した男の股間の隙間から潜り込み小さな菊蕾へと向かっていく。3本の指が腸内を蹂躙し、その後、太いバイブを挿入。 耐え難いほどの羞恥的行為は一瞬で至上の快感へと変わり菊蕾がむくむくと膨れ上がる。 滾る肉茎に特殊な淫具を装着し、アナルでも、ペニスでもイカせない程度の振動で男を苦しめる。 

『 今からお食事してくるから、その格好で待ってるのよ!なんならタオルが欲しいってフロントに電話でもしようかしら?』

 淫らな熱を高めるだけ高めて捨て置かれ、情欲の炎は加速度的に燃え上っていく。 だが手足は拘束され肉茎に触れることさえ許されない。必死にピクピクと腰を動かすものの、ただ空しく空を切るだけであった。 女は耐え難い苦悦に苛まれている男の姿を想像するだけで興奮に満ち溢れる。

室内に戻ると男は、大量の汗でシーツが濡れぐったりとしている。 女が帰って来た事も知らずに………………。 
無慈悲な女は装着された3個の淫具の振動を最大まで上げ、男が淫らに肉体を揺らしているのを呵々大笑し、唾を顔面に吐き出す。 肉茎と腸の連撃を受けて肉体を捻りながら何度も何度も尻穴で絶頂を迎えた。そして包茎チンポから淫熱のザーメン汁が吐き出され、地獄の体液採集が始まる。 

まだ終わらない凌辱………………。
この後、この男がどうなったかは2人の秘密♥

うふふふ♡

再会との事で貸し切りにして下さり思う存分変態遊戯を楽しませ頂きました。この素晴らしい肉体のご提供に感謝し、またのご来院を心よりお待ちしております。



痴療カルテ愛読者、変態な患者様は応援クリックしてね!多ければ多いほどカルテの内容が厭らしく変態になります。

↓ ↓応援クリック↓ ↓


■水城エリ先生の診療科目■

肛門科

泌尿器科
変態全般診察……笑

■6月診察予定日■

26日(水)18:00~24:00

27日(木)18:00~24:00

28日(金)お休み

29日(土)18:00~24:00

30日(日)18:00~24:00



エロスで卑猥なM男性専門診察致します。



seikan★sm 

M男性専門 

-名古屋 メンタルヘルスクリニック-




OPEN18:00~CLOSE翌1:00

ご予約:PM16:00~

(一週間前までの予約まで承ります)

TEL.080-5124-4457



【クリニックサイト】

http://dr758mhc.com














関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply