FC2ブログ

2/20(水)~2/23(土)の猥褻痴療カルテ

水城 エリ


■2/20(水)
人間廃業観察記録
本格M痴療クランケK

 ここは刑務所。四つん這いにさせられ尻穴に捻じ込まれたバイブは、小刻みに回転しながら振動している。そんなものが尻穴にずっとあって何の変化もないわけがない。ペニスは硬くなり始め、むくむくと膨張しはじめる。  女看守は足の裏でバイブを深々と押し込む。強烈な振動で俺の下半身が痺れた。何度も何度も味わったことのある感覚、絶頂を迎えた時の感覚だった。尻穴の振動で俺のペニスから精子がドロッと漏れた。 情けなくなるような射精で、勢いはない。 

恥ずかしさと快感で生まれたての小鹿のように軽く脚を震わしながら、気持ちを鎮めようとした。  だが俺は恐怖に顔を硬直させた。 看守が持つ工具はヤバイことになると察したからだ。  

「こんな物で精液を漏らすお前なら、マシーンで一突きでもすればあの世逝きね!!!」

今までの小手調のとは違って、豪快に突いてきた。 前立腺にめがけ強烈なピストンは恐ろしいほど射精感がせり上がってくるが止める術はなかった。 俺はまた絶頂するが射精かと思いきや透明な液体が勢いよく飛び出した。こらが男の潮吹きというものらしい。止まらない。止めることすら不可能。

終わらない快楽処刑だという脳裏にその言葉が浮かぶが、もう下半身に力が入らない状態になっている。 常に射精しているかのように気がおかしくなりそうだった。腰が抜けた俺は、そのまま地面に倒れ動く気力すら浮かばなっている。 

倦怠感に包まれながら後ろを振り向くと、看守が俺の尻にペニスを入れようとしていた。そして俺の尻穴を蹂躙し始めるとバックから女のように犯す。
俺は悔し涙とあまりの快楽に嬉し涙を流しながら、目を見開いていた。 尻穴の感度はもはや異常だった。  奥まで突き込まれる度に、精神的な満足感が背中に走り抜け、快楽だけに包まれている。しかしそれは地獄。もう許して欲しいと惨めたらしく懇願してみたが、看守にとってはBGMにしか過ぎない。  

俺の穴は快感に取り憑かれたように ”気持ちいい“ それだけが頭に浮かび上がっては消えていく。理性を辛うじて保持していたが、やがて無理になることも分かっていた。 脳が溶け、頭の中がパニックになっていたのだ。 罵声に混ぜられれても、その声にすら酔いしれてしまうほどに。 何かが壊れたような気がした瞬間、永遠を思う射精地獄に突入した。 

心が殺されていき、記憶がオーガズムと精液になって溢れ出す。理性をも、人格も溢れ出す。
ただ男とも女とも獣とも判別がつかない声で本能のまま喘ぎ続け、俺という人間は死んだ。

うふふふ♡

6時間に及ぶ、射精管理に肛門責め。人間が白目で倒れる瞬間をマジマジと見たのは久しぶりです。最後は逝くだけの動物になってしまって笑えました。人間廃業とはこういうことですね。
ご予約、ご指名、お寿司の差し入れ有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■2/21(木)
快楽放置痴療
M性感痴療クランケY

   少し離れた位置でじっくり観察。視線の先にあるのは、左右の乳首を挟む振動機能のあるクリップと、性器の先端には微弱の電流。乳首と性器を弱い刺激で長時間いたぶられ、絶頂も許されないまま生殺しの悦楽に責めに身悶えしている。 
次第に自然に刺激を求め腰を前後に動かすようにるクランケ。

 無駄な努力でしかないのに………。
 
  

うふふふ♡

カルテはいつものように優しめにしておきました。 変わらずのご寵愛、ご指名、有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■2/23(土)
肛門痙攣誘発痴療
M性感痴療クランケE


 全身の痙攣とはまるで無関係に小刻みに収斂し続ける肛門括約筋。脈動する私の3本指の怒張を締め上げて、まるで出るわけも無い精の最後の一滴までを搾り取ろうとしているかのように奮起している。肛門は性器と呼ぶにふさわしい喘ぎ声が室内を木霊する。

 「あああああああぁッ♡ あ゛ぁぁぁぁぁぁっ♡ はぁッぁぁぁぁ♡」  

 耐えに耐えたがゆえの強烈な肛門オーガズム。激しい快感の波にクランケは前かがみになった状態で享受している。

 無抵抗の肉体を手加減無しの快楽でいたぶり倒し、雌堕ちさせるのが私の愉悦………。

うふふふ♡ 

カルテはお手柔らかにとのご希望でしたので、こんな感じにしてみました。ご予約、ご指名有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■2/23(土)
秘密痴療
本格M痴療クランケO

猥褻玩具のプレゼント有難うございました。
詳細は非公開希望でしたので、2人の秘密にしておきます。ご指名有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/04 (Sat) 07:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply