FC2ブログ

1/5(土)~1/9(水)の猥褻痴療カルテ

水城 エリ

 
■1/5(土)
変態女教師妄想痴療
本格M痴療クランケW

  黒の首輪と手枷をはめられた一人の男子生徒。 ネクタイで目隠しをされ、口には猿轡としてパンストをねじ込まれ、鼻には外履きのパンプスを鼻に固定されている。
ぺニスの先端には遠隔ミニローター、アナルには遠隔バイブが捻じ込まれ、まるで尾っぽのようにグルグルと回転している。

 「うふふふ♡ ほら、あ散歩の時間よ!」 

リードを引っ張られた生徒は床に這いつくばらされながら歩かされている。 カツ、コツ、カツ、コツ。 薄暗い校舎の中、ヒールの音が静かな校舎に響いていた。 生徒は売られる山羊のように引きずられている。 黒いパンストが妖しく包み込む女教師の脚を眺めながらも、押し込まれたパンストのせいか生徒は苦しげにくぐもった声を漏らしリードに導かれて歩かされる。

四つん這いは生徒の体力を奪い、息は荒くなるたびに鼻から吸う酸素は増え、足の臭いを拒否権無しに嗅がされていた。 時折女教師が入れるバイブの振動に身体を激しく震わせて蹲る。

 「足を止めるんじゃないの!休む暇なんて無いわよ!ほら!歩きな!!」 

鋭く尖ったパンプスで頭を蹴り、頭に靴底を押し付ける。  惨め極まる生徒の肉体を何度も何度も足で小突きながら女教師は嗜虐的な笑みを浮かべ引きずり回す。 

「校則違反を何度注意しても直さない貴方が悪いのよ!!写真をバラ撒かれたくなかったら、卒業するまで私に服従することね!!!!」
 
うふふふ♡

先生と生徒ストーリー痴療は興奮しますね♡学校という映像が見えるほど没頭してしまいました。
また是非に変態遊戯で盛り上がりましょう。
ご予約、ご指名、変わらずのご寵愛有難うございます。またのご来院を心よりお待ちしております。



■1/5(土)
秘密痴療
M性感痴療クランケH

ご予約、ご指名、有難うございました。詳細はご要望通り控えておきますね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■1/6(日)
快楽臨界穴狂い病
本格M痴療クランケ

  焼けるように焦れている身体は雌犬の様によがっている。 体は仰け反り、髪の毛は汗に濡れ、常に限界ギリギリの肉体と脳。時折臨界を超えると、狂喜狂乱し卑猥な淫語を叫びながら身悶えている。 そのまま暗闇の中で力尽きるまで泣き叫び、バッタリと脱力したかと思うと、再び解消されない肉体と脳の火照りに焼かれていくのだ。 ジュウジュウと焦がされていく尻穴から漂ういやらしい体臭。 

「ぐっ………………ううう゛っ…ぐぅぅううぅぅ――――――ぁあ!イキたい、イギたいよぉぉぉぉぉっっ!!ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っっっ!ああ゛っ、あぁぁ゛あ゛ああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!」
 
望まなかった絶頂に歓喜の悲鳴を上げている姿は実に笑える。狂ったように腰を跳ねさせ、絶対に達せない苦しみに悶えながら、私に跪いて懇願する。

  「ケツマ●コで逝かせて下さい!!!!!お願いしますっ!!!!」

気が狂うほど雌のようにアクメするといいわ♪
 
うふふふ♡ 

今回も素晴らしい雄叫びが聞けて最高でしたが、間違い無く近所迷惑ね(笑)ご予約、ご指名有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■1/6(日)
絶頂管理痴療
M性感痴療クランケT
 
 まったりとした指の愛撫は、全身の皮膚感度を何百倍にも引き上げられ、全ての肌が性感帯と変わってしまった肢体。絶頂すら徹底的な管理下に置かれ、満足にイク事も許されず、落ち着く事もできない地獄寸止め責めを味合わされ続けているクランケ。そんな性虐めにクランケは耐えてきたが、それは次第にクランケの人格を作り変え、精神をも崩壊させた。人間性を擦り潰し、射精の事だけしか考えられない動物に……。

うふふふ♡

 ご予約、ご指名有難うございました。カルテは優しめとのことでしたので、こんな感じに仕上げました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■1/8(火)
浣腸愉悦投与
本格M痴療クランケS

浣腸という羞恥に狂い、背徳的な快楽に溺れる姿は恍惚でした。

うふふふ♡ 

ご予約、ご指名、有難うございました。詳細はご要望通り控えておきますね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■1/8(火)
秘密痴療
本格M痴療クランケA
 
ご予約、ご指名、ビールの差し入れ有難うございました。ビールを大量に呑んだせいか聖水の量が凄くて笑えました♪
カルテはご要望通り非公開にしておきます。またのご来院を心よりお待ちしております。



■1/9(水)
惨め中毒依存症
本格M痴療クランケS

「おぐぅ゛ぅ゛っ!イッぐっ、イグぅっ゛!!あああ゛っっっ!もお゛イッだからぁぁああぁぁああ゛っ―――っ゛っっ!!あ゛ぉぉ゛おああぁおお゛!!!!!」 

社員旅行で女性社員に服の上から足で電気あんまをされ、パンツの中に精液を出してしまったマゾ野郎。⇚【実話】
同僚の男性も同じ事をされたとか。勃起したチンボのサイズが比べられ、短小は確実にバレたに違いない。

「こんな粗末で包茎のチンボを世の中に晒すなんて迷惑だ!!!!!コソコソと女性社員の靴の底を舐めたりするクソみたいな変態だな!!!!キモ過ぎるだろ!!!!そんなに好きなら、公衆便所を歩いた靴底でも舐めてな!!!!お前はマゾだろ!!!!今日は舌で便所掃除もするんだよ!!!!!!!」

  

一瞬だけ味わうことのできた多幸感。 そしてそれはすぐに淫惨な現実へと引き戻され、惨めな自分に切望しながらも全身を駆け巡る、すべてを抉りとっていくような絶頂感。 

お前は・・・・・便器
お前は・・・・・人間失格
お前は・・・・・マゾ

「小便で溺れろ!!!!!!!短小包茎ドマゾ野郎!!!!!」

 

マゾはマゾらしく、人として振舞ってきたことを謝罪しながら卑しく惨めに生きろ。

うふふふ♡ 

貸し切り&鰻&お酒&煙草といつも有難う。昨日も有難う♪10年以上のお付き合い有難う。
またのご来院を心よりお待ちしております。

※晒されることで興奮するクランケです。本人希望にてモザイク無しにしております。
関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply