FC2ブログ

12/16(日)~12/20(木)の猥褻痴療カルテ

水城 エリ

 
■12/16(日)
強制尿道アナル痴療
本格M痴療クランケN

精神的弱者の患者に、強制尿道アナル診察。

  

圧倒的な羞恥と屈辱を与え最高の悦楽を投与する。アナルと尿道からの前立腺同時刺激。  指を駆使し前立腺マッサージ。敏感な体質だから直ぐにアナルで逝き狂う。

『肛門で逝くなんて相当な阿婆擦れだわ!』

尿道ブジーを抜いたら卑猥な汁まで湿らせている。

『全く・・・肛門も尿道も下品過ぎて笑えるわ!!』



うふふふ♡

 今回は脚を怪我しているとの事でしたので、変態遊戯は優しめにしました。次回は鞭が使えるようになっていることを心よりお祈り致します。昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。本年も変わらずのご寵愛宜しくお願いします。



■12/16(日)
強制体液採取痴療
M性感痴療クランケT

肉体を動けないほど縛ったクランケの耳元で囁く 

 「何度も何度も潮吹きと射精を強要して、おちんちんを壊してあげる………」 

 うふふふ♥

ご予約、ご指名、有難うございました。詳しい詳細はご要望通り控えておきますね。またのご来院を心よりお待ちしております。



■12/19(水)
奴隷加工所飼育痴療
本格M痴療クランケN

ワインは腸からだと、経口よりずっと酔いが早い。 

「飲兵衛のお前なら中毒にならないし、 なんといっても酒が一番の媚薬だっていうでしょ♪まずはこれで気分盛り上げな!!!お前の口は肛門だろ!!!!」

 ガラスの浣腸器を手に取り、洗面器に浸す。 幾度かワインを吸い上げては押し出して空気を抜き、改めて吸い上げる。 そしてその嘴管を、何の躊躇いもなくクランケの肛門へと咥えさせた。


 


刺激が強いのか、クランケの苦悶の声が絞り出された。 眉根が寄せられ、唇が噛まれる苦しげな表情だ。

  指が肛門をなぞるようにした瞬間に驚愕に変わる。 

 「ちょうどワインで火照ってる事だし、次はこの指で気持ちよくさせたげるから。何本入るかしら?」

 中指、人差し指、続いて薬指。三本指でクランケの腸内を回すと、背筋を激しく痙攣させながら、口からは涎が零れ、次第に顔が赤く染めがる。 

「苦しいのか!?そこで漏らしな!!!肛門をガバガバにして何でも咥える変態に仕込んでやるから悦べ!!」

   

「熱した肛門は拡がって雌化するんだよ!!!!私の拳が入る日がく楽しみだわ!!!」

 うふふふ♡ 

本年も変わらずのご寵愛宜しくお願いします。またのご来院を心よりお待ちしております。



■12/19(水)
パンティーセンズリ依存症
本格M痴療クランケM

  

下着コレクターや下着マニアの男達は、性器に関心があるのではなくて、性器と換喩的な関係をもった対象には直接行きつかない。女が脱ぎ捨てたパンティには欲情しても、かりに当のパンティを履いていた女が性器を丸出しにして股を拡げても、そこには発情しないのだ。 しかしながら、ここまでパンティを崇拝し、パンティに魅せられている男も珍しいでしょう。

①女性より収集しているパンティコレクター
②履いているパンティを切り刻まれたい
③美しいパンティが汚れるのが見たい
④パンティでシコシコ自慰行為をしているのを見られたい

そんな性癖を持つクランケの欲望を解放致しましょう。

ブルーのパジャマに黒のパンティを履いたクランケを四つん這いやM字開脚にさせ、ハサミでチョキチョキ。

 

アナルとペニスが露になる。 尿道ブジーやバイブでデコレーション♥ 

「フェティシズムなメソッド」で無機質でいながら、ひたひたと官能をゆざぶる危険な叙情。理解しがたい、それが変態の個性なのだ。 

『さあ!!!思う存分センズリするがいいわ!じっくり観察してあげるから。』" 


  パンティを器用に使った個性的な指捌きに♡ 美しい物を汚物で汚したい・・・・・
 
  

さずがにこれは流せないので断念となりましたが、インスタ映えする謎の写真が撮れました(笑)
常におチンポを握りしめて、何処でもシコシコ。
厭らしいクランケでございました。

うふふふ♡
 
一年ぶりの再会に感激しました!パンティの量も増えましたね。この膨大な量から、お気に入りの一枚を当てた私って凄いでしょう♪
ご予約、ご指名有難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。



■12/20(木)
極悪金玉制裁痴療
本格M痴療クランケO

「両足を開け!」

 強制的に足を開かせると ガンッグニッ!!!! 露わにされた男の最も弱い部分へ。容赦なくその脚を蹴り下ろす 。

「露出癖があるくせに すぐに足を開かなかったわね……… この股についている醜いモノを見せることが どれほど愚かな行為なのか 理解できたかしら?」

 ヒールが僕の左睾丸へと 突き立てられ深く打ち込まれていく。

「不格好に垂れさがり惨めな包茎……… ザーメンゴミをつくるしか能のない金玉! 肉の棒はゴミを吐き出すだけの残飯!」

「こんなものを恥ずかしげもなく 人目に晒し続けたこと恥ずかしく 思えないのかしらね。」

猿轡を咬まされた口の隙間から 嗚咽が漏れ イモムシのように体を丸め 惨めに地面に這いつくばる ムシケラ同然の姿をしてまで……………… 

「こんな無価値なパーツに執着するなんて 男は本当に………憐れな生き物ね!」

 今回のセッションは露出狂の男に制裁をシリーズで♥ 
金玉制裁♪お互い白熱の変態遊戯でございました。

うふふふ♡

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。本年も変わらずのご寵愛宜しくお願いします。



■12/20(木)
浣腸羞恥拷問痴療
本格M痴療クランケM

四つん這いで腹部を無残に膨らませ、そしてなおじわじわと膨らませながら全身に脂汗を滲ませながら呻吟しているクランケ。 その肛門はステンレス製のホースで蛇口に繋がれ、そのホースを通して腸内に浣腸液が絶えず注入されている。 ガクガクと太股が震え、アナルが懸命に収縮して盛り上がると同時に、だらしなくも言葉にならない喘ぎ声が浴室に響き渡った。

もはやどれだけ放置されたのかもわからないボテ腹を見下ろして、女は優越感を隠そうともせずに嗤う。 

 「お腹苦しいのかしら?」

ぶぴっ!!!! ぐびゅるるるるるるるるるるるるるるるるるるっ!!!!
  
間抜けな放屁の音の直後、ついに肛門からブツが洩れ出る。 浣腸液と排泄物が混じり合った汚汁が、滝のような勢いで溢れ出していく。 噴き出す排泄物ごと腸が飛び出すような途方もない解放感。尻穴から感じる常軌を逸した快楽と心地よさと、心が裂けるような究極の惨めさが、脳内でぐるぐると混じり合っていく。 

まだまだ始まったばかり♪
この後、醜悪な肉塊指でたっぷりと可愛がってあげるからね♡ 

うふふふ♡

ご予約、ご指名有難うございました。貴方様との肛門遊戯は楽しくで仕方がありません♪
またのご来院を心よりお待ちしております。本年も変わらずのご寵愛宜しくお願いします。
関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply