FC2ブログ

8/18(土)~8/26(日)の猥褻痴療カルテ

水城 エリ

■8/18(土)
汚臭チンポ徹底精液抜き取り痴療
本格M痴療クランケK

白いマスクに全身ブルーの手術衣を身にまとい、指先から腕にかけて白いゴム手袋をはめた女性に性欲を感じるマニアなクランケがご来院。
 

「分娩台に乗りなさい!」 

尿道を消毒し、導尿をと浣腸を施行する。排便を見られて恥ずかしがるクランケ。 

「厭らしいチンポね!何日洗ってないの!?凄く臭い!!!汚いから手袋を変えるわ!!」

 射精してしまうクランケ。精子が付着したゴム手袋を処理しながら思わず……………… 

「黄ばんでいるじゃないの!?量も多いし、イカ臭いわけね!!汚いわ!!仕方ないから、徹底的に痴療して精子貯蔵庫を空っぽにするから覚悟しなさい!!!」 

 うふふふ♥

あんなに臭いチンポは初めてよ(笑)臭過ぎて鼻が曲がるかと思いましたが、絞りがいがありました。 素敵なマニアぶりを発揮して下さり有難うございました。 またご来院を心よりお待ちしております。

■8/18(土)
乳首快楽中毒症
M性感痴療クランケK

乳首を徹底的に責め、開発し、乳首が弱い奴隷に進化した貴方様。 調教中はとてもだらしない乳首快楽中毒で、白目を剥いて歓喜の雄叫びをあげます。 徹底的に乳首を責めるとは、 
①つねる 
②挟む 
③伸ばす 

乳首クリップで乳首を変形させることで苦痛を走らせ、さらに重りを吊し苦痛を与える。でもその苦痛はマゾ気質の性癖と化学反応を起こし、愉悦に変換され、乳首奴隷はイキ果てる。 乳首奴隷と化した貴方様は痛みの後のご褒美として数日間、痛みと服が乳首に擦れるだけで感じてしまう快感が忘れられなくなっていく………………。 涙しながらも感じてしまうマゾヒズムの本能に火がついた乳首奴隷。 今後も乳首の成長から目が離せません♪ 

 うふふふ♥ 

 ご指名、ご予約、有り難うございました。 またのご来院を心よりお待ちしております。

■8/19(日)
秘密痴療
M性感痴療クランケW

ビールや、おつまみご馳走さまでしまた。 肉体開発に今後も勤しみましょう。 カルテはいつものように非公開にしておきます。ご予約、ご指名有り難うございました。 またのご来院を心よりお待ちしております。

■8/19(日)
悦虐奴隷淫楽痴療
本格M痴療クランケS

 

直接咥えさせて流し込む。 尿道を痺れさせ、肛門を締め上げる肛虐の宴がはじまる。
 

 

私の5本の指を肛門にあてると、声を押し殺し、拳を握りしめ、歯を食いしばり、耐えながら奥へ奥へと自ら肛門へ捻じ込み始めた。 オナホールよりも柔らかくうねるような締め付けは不規則で、一度食いつけば離さないと言わんばかりに吸い付く感触が心地いい。

 『瀕死なるぐらいイキ狂え変態野郎!!!!』 

一点を凝視。そして、よくしなる細い一本鞭を手に取ると狙いを定めてピシッピシッと怒張を打ち据え始める。くるりと巻きついた鞭の先端を軽く手前に引くと、ペニスが縦横に踊り狂い、一打一打的確に竿の部分に赤黒い印を刻み付け楽しむ。 10数センチの肉の棒に全ての意識を集中し、極上の淫楽を貪るクランケは、歓喜の汁を跳ね散らしながら、獣のような鳴き声を上げている。

 
 

次第に悦虐の海に呑み込まれ、快楽の波間を漂う。脳を刺激し、延々とエクスタシーが続くかのような凄ましさ。私とクランケ以外何ものも存在しない世界にトリップしたかのよう……… その流れに逆らわずクランケは、そのまま自身を欲望を解放させた。 

 うふふふふ♡ 

刺激的で淫らな時間をご一緒に過ごせて感謝致します。 ご予約、ご指名、お酒のお土産有難うございます。またのご来院を心よりお待ちしております。

■8/22(水)
生殖器官転換術
本格M痴療クランケO

ご予約、ご指名有り難うございました。 3本の指チンポを肛門で咥え、初のオーガズムを迎えるという素敵な終末。 消化器官が生殖器官になったみたいと嬉しい一言♪ 詳しい詳細は恥ずかしいとの事でご希望通り秘密にしておきますね。 またのご来院を心よりお待ちしております。


■8/23(木)
変態堕落理性崩壊痴療
本格M痴療クランケI

 うふふふふ♡ 

アブノーマルに堕ちてしまったクランケほど神々しい。堕ちてしまうと、理性もプライドも消え失せ、その欲望を得るためなら便器さえも平気で舐めるクランケ。 うふふふ♥ 大興奮な痴療で御座いました。お礼が遅くなりましてすいません。またのご来院を心よりお待ちしております。 ※その内容の全貌は患者様の希望にて2人の秘密にさせて頂きます。悪しからず……。

■8/23(木)
触手尻穴侵食痴療
本格M痴療クランケY

両腕を背中でがっちりと拘束されたうえ、尻を突き出した屈辱的な体勢で部屋の中央に座らされている男。 指先が触手と化し男の裸身を這い回り始め、触手たちはの体の上と下に分かれ、各々の目的地を目指していく。 

 「あ…………っ!」 

わたくしが醜悪に笑ったのと同時に、肛門にぐりぐりと触手たちが捻じ込まれる! 拘束された全身ががくがくと震え凶悪な触手ペニスが腸内をを往復する。 男性らしからぬ常軌を逸した責め苦を受けて、どうして肛門の奥がぞくぞくと震えるのか? 何度繰り返されても意識を失う寸前の快楽に男の心は絶叫し、そして毎回、イク寸前のところで触手を引き抜かれる。 耳元で囁かれる卑猥な言葉が、男の心を侵蝕していく。 しだいに視界がぼやけて真っ黒に染まる。 無数の触手ペニスに囲まれ、むせ返るような雄臭に呑まれながら、男の意識が徐々に遠くなっている。 臭い精液を垂れ流しながら…………… 

 うふふふふ♥ 

処女肛門だというのにビッチな穴でございました。悦んでいただけて光栄です。 ご指名有り難うございました。素敵な時間をご一緒できて感謝致します。またのご来院を心よりお待ちしております。

■8/25(土)
性感帯開発痴療
M性感痴療クランケN

両手の10本の指を巧みに使いながら、麓に指先を軽く埋め込み、ゆっくりと頂上に向けて滑らすように進める。 10本の爪先を乳首の先端に向かい螺旋階段を登るように徐々に這い進む、乳輪の手前で動きを止め再び下から繰り返す。 手の平が触れるか触れないかの感じで、両乳首を撫で廻し、指先で両乳首を弾くように刺激すると、乳輪が収縮し僅かに盛り上がる、乳首は瞬く間に固く鋭く尖り始める。 身体中の性感帯が目覚め始めたのか、強烈な疼きが駆け回る、無意識に腰を浮かし妖しく動かすクランケ。 お尻の肉を掻き分け、肛門に唾液を滴らせると唾液と混ざり淫らな雌の性臭となり漂う。 その卑猥な穴に指を捩じ込む。 指の隙間から絶え間無く粘液が漏れ続き、身体中を細かく震わせ始める貴方様。 

 「…ぁぁぁぁっ………。」 

うふふふ♥ 

お仕事が忙しく、体調を崩されていたとのことで心配しました。無理せずご自愛下さいませ。 ご来院、ご予約、ご指名有り難うございました。 またのご来院を心よりお待ちしております。

■8/25(土)
肉棒標本製造痴療
本格M痴療クランケT

ロング痴療で剃毛&石膏 肉体を石膏で型どりさせて頂きました♪ 10年に渡る変態仲間な貴方様。念願の石膏で変態遊び大変興奮致しました。今後も末永くご愛顧宜しくお願い致します。 またのご来院を心よりお待ちしております。

■8/26(日)
両穴摩擦拡張記録
本格M痴療クランケN

官能に酔わせる魔法の壺。 

『尿穴と尻穴』 

尿道に冷たく長いステンレスの棒を咥えさせ手を離すと、スルスルと細い穴に呑み込まれていく。 左手で尻溝を進ませ肛門に到達するまで時間を掛ける。窄まりの周辺を這い回り、肛門がひとりでに口を開くまで待ち、タイミングで指を奥まで入れて、感触を楽しむ。 直腸壁と尿道の摩擦。 急な刺激には戸惑いながらも、排泄口を襲う異物感にクランケが身悶える。 気がつけばクランケの肛門が、500円硬貨ほどの大きさに拡がっていた。 

「凄いですね、尻の穴がこんなに大きくなるなんて…………バイブをどうぞ。」

 腸粘膜をいたぶり弄ばれ、括約筋は限界まで拡がっている。太いバイブの根本だけがにょっきりと突き出ていた。 クランケは震わせ仰け反り返った。 はしたない声で喜悦を告げ、発狂じみたエクスタシーを迎えると、収縮するはずの肛門が強制的に拡げられたままの絶頂である。 感情の無い激しい動きをする異物を嫌というほど思い知らされているに違いなかった。 湧出し続ける淫汁、涙声に似た哀れな叫び、反り返る足指………………笑える。 廃人になるまでイキ狂わせ、ザーメンを抜きとってやろう♪ 

 うふふふ♥ 

ご予約、ご指名有り難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。
関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply