FC2ブログ

7/25(水)~7/28(土)迄の猥褻痴療カルテ

水城 エリ

■7/25(水)
尿道愉悦痴療
本格M痴療クランケH

尿道快楽を求めて私に会いに来て下さいまして感激でございました。処女を頂けるなんて光栄です♥ 詳細は非公開希望とのことでしたので秘密にしておきますね。 ご指名有り難うございました。またのご来院を心よりお待ちしております。
■7/25(水)
生殖器官転生痴療
M性感痴療クランケY 

とうとう肛門が生殖器になりましたね。 雌墜ちした貴方様は卑猥でございました。 ひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。カルテはいつものように非公開にしておきます。 今後も変わらずの、ご寵愛宜しくお願い致します。 またのご来院を心よりお待ちしております。

■7/26(木)
人権蹂躙罵倒脳イキ痴療
本格M痴療クランケT

小便をぶっかけられながら、、、『包茎』『童貞』『短小』を馬鹿にされたい。 重症な変態患者が診察にいらっしゃいました。見事な真正包茎は今や天然記念物よ♪

突っ込みどころ満載の素敵な肉体を有り難うございました。恥ずかしいところことで詳細は短めにしておきました。 変態エリ先生は包茎を罵るのが好きで、心が潰れるくらい虐め倒します。 そして、惨めに感じでしまうマゾを愛しく抱きしめますので、再痴療心よりお待ちしております。

■7/26(木)
被虐待症候群
本格M痴療クランケS

大量の浣腸液ビールを入れ、液漏れなが無いようアナルストッパーを風船のように膨らませ、腸内拷問。苦しむ姿は実に愉快だ。

 

ガバガバに拡がった肛門と腸内に右の拳ペニスを挿入。挿入された手首の隙間から左手の指を、 1本……… 2本……… 3本……… と拡張しながら捩じ込んでいく。すると、衝動的に左の手を一瞬にして呑み込む。 2本の拳を呑み込むビッチな変態肛門。
 
 

こんな酷いことをされながらも、蕩け顔になっていくお前。 腸内を凌辱されるたびお前は、肉体を捩じらせて悲鳴とも嬌声とも言える声をあげている。 緊縛された身体では逃れる事も出来ず、ひたすら耐えるしかない。

 

散々肛門を凌辱した後、大量の小便を注ぎ込む。撒き散らされた小便の激流で溺死寸前!! 人権無視の非人道的な変態行為だというのにお前は歓喜の絶頂♪

 

 うふふふ♥ 

 純朴な奴隷で毎回、私を楽しませて下さいます貴方様。ご予約、ご指名、ビールの差し入れ有り難うございました。またのご来院も心よりお待ちしております。 

■7/28(土)
汗だく体操服レズビアンイメージ痴療
本格M痴療クランケN

後輩→香澄
先輩→エリ
体育倉庫シリーズも何回目かしら♪

香澄は、私に届く程度の音量で、色っぽい喘ぎ声をあげている。
「ああはぁっ。。。」


淫らに開脚したブルマの隙間から、卑猥に露出する具。おっぱいを右手で撫でながら自慰行為に興じる。
 
 

香澄のパーティーを脱がすと包皮を剥き、綺麗なピンク色を晒されているクリペニス。ぷっくりとして発情を示している。

慎重に指を尻マンコに押していく。最後に残った緊張を解くようゆっくりと。肉に徐々に呑み込まれる指。そのままの状態を維持したまま僅かに指が回りはじめ、更にほぐされていく。 

「香澄ちゃんは!3本の指を呑み込んじゃった。本当にスケベなんだから。」

指を抜き、香澄を見つめると、頬が赤くなっている。 

「そろそろご褒美をあげないとね♥せっかく可愛い香澄ちゃんがおねだりしてくれたんだもん。いっぱい愛してあげる♥オチンポ欲しいでしょ?」

その後、私の疑似ペニスで何度も何度も突かれて愛して貰って、幸福感を感じながら何度も女の子アクメをする香澄。 互いの濃密な汗。女の子の匂いがより一層増す。鼻腔いっぱいに匂いを吸い込みながら絶頂する香澄。
 
 

逝き果てた香澄、可愛いわよ。 

うふふふ♥

変わらずのご贔屓、心より感謝致します。 次は来年かな?またSTORY痴療で楽しみましょう。 またのご来院を心よりお待ちしております。

■7/28(土)
肛門オーガズムイキ狂い痴療
M性感痴療クランケO

男肉体を蹂躙する一本の凶棒で与えられる。激烈な刺激で肛門オーガズム狂いイキ♡ 男のGスポット前立腺ザーメン貯蔵庫を突かれたのか、うっかり精子を漏らし、最後には潮まで吹く始末。 雌堕ちする淫乱男。

ふふふふ♥ 

変わらずのご贔屓、心より感謝致します。 カルテは軽め希望でしたので、こんな感じでまとめてみました。 またのご来院を心よりお待ちしております。 
関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 1

There are no comments yet.
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/09/08 (Sat) 20:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply