FC2ブログ

6/28(木)・6/30(土)の猥褻痴療カルテ」

水城 エリ






■6/28(木)
強靭両穴イキ狂い痴療
本格M痴療クランケF

見た目はCOOLな顔した爽やかだが、肉体は貪欲極まりない変態アバズレ野郎がやって来た!! 

♥尿道性交♥
尿を排泄する尿道にステンレス棒を落として、引き上げ、また落とす。
尿道粘膜が擦れる快感は永遠に射精をしている感覚に酔いしれる。 

♥肛門性交♥
所謂アナルセックスのアブノーマルなプレイであるのは確かだが、更に上回る極めた変態男にしか得れない拡張快楽もあるのです。

最も恥ずべき不浄の穴を観音開きで晒け出し、その状態のまま左右に指を回転さながら、腸内粘膜を摩擦するように奥へ奥へと捩じ込ませていく。

擦れた部分が次第に熱を持ち始め、忌避感など微塵も感じない発情脳に変貌する……………… 
1本………………
2本………………
3本………………
4本………………

あれ?!
全部食べちゃった!!!

拳の快感に貫かれた歓喜の絶叫!初めての丸呑みにクランケも興奮する。

『ああああぁぁぁぁ…………………イクッ!!!』

尿道と肛門からの同時の押し上げに悶絶しているクランケF弛くなった肛門は握ったままの状態の掌を吐き出し、呑み込む。

うふふふふ♥ 
激しく身を打ち震わせながら連続の絶頂を繰り返している。
卑しい強靭肛門だわ♪

 

 
素晴らしい肛門のご提供有り難う御座いました。何でも受け入れてくれる卑猥な肉体に惚れ惚れしましたよ♪
既に、次の診察も入らして下さいました。次のカルテもお楽しみに。
またのご来院も心よりお待ちしております。

■6/28(木)
亀頭集中潮漏痴療
M性感痴療クランケS 

敏感過ぎる肢体を弄ばせて頂きました。
潮吹きもご成功との事で、新世界が開かれましたね。
うふふふふ♥ 

ビールの差し入れで、わたくしの性欲も倍増致し、びしょ濡れの卑猥な夜になりましたね。

ご予約、ご指名有り難うございました。ご希望通り詳しい詳細は秘密にしておきますね。
またお時間が合うようでしたら是非、痴療に入らして下さいませ。

 ■6/30(土)
性感帯開発体液収集痴療
M性感痴療クランケI

時間をかけて解した臀部と太腿から、ゆっくりと焦らすように手を移動させる。
焦らしながらゆっくりと、そしてついに男の茂み穴まで辿り着き、それでもまだまだ焦らすようにさわさわと茂みを摩る。
茂みをかきわけると黒い穴が丸見えに……。 

中指を呼吸するかのように開閉を繰り返している尻穴へ、手の平を上にしてその切っ先を埋め込んだ。
ローションによってネチャネチャと卑猥な音を立てながら、中指はスッポリと埋没してしまう。
指の屈伸運動から円運動に変えてGスポット(前立腺)をピンポイントで腸内を擦ると、腸壁を蠢めかせながら、男も快感を得ようと必死に縋りつく。 包皮に守られた亀頭が顔を出し、びゅるっと透明な液が押し出されたのを尻目に、左手の親指と人差し指で卑猥に盛り上がった亀頭を玩具にしながら、尻穴に入った指の動きも止めない。 

 「あぁぁぁぁぁぁ……あぁぁぁぁぁあ……あ、あ……っ♡」

 焦らされに焦らされた身体は、未知なる刺激を受けて爆発する。
臀部を振り乱しながら、腸内の奥深くからくる刺激を受け入れ、身体を駆け巡る快楽は肛門と肉棒の焦らしと相まって絶頂へ導く。

 「アナルがあぁぁぁぁぁぁ……イク!!!!あぁぁぁぁぁあ……あ、あ……っ!!!!」

 「また……イクッー!!!どっちでイクのか分からない!!!あぁぁぁぁぁあ……あ、あ……っ!!!!」 

肛門と肉棒射精の絶頂を、一度に身体に刻み込まれて意識も朦朧としている男。

 廃人ね……。

でもまだ、まだ終わらないわよ!!

うふふふふ♡

男のくせに潮まで大量に吹く淫乱な肉体には脱帽です。
白目で昇天する姿は卑猥でございました。
またのご来院を心よりお待ちしております。  


■6/30(土)
逆転性交渉変態オーガズム痴療
本格M痴療クランケN

黒巨大息子を前の口、後ろの口と深く捩じ込み、卑猥な感触で貴方様の理性を炙った。




女のような格好で犯されていることに、背徳的な興奮を覚えてしまう貴方様。
それは、犯している側である私も一緒よ。 

穴狂いの雌男を抱くのは、興奮度も高いわ。

肛門に黒いペニスが出し入れする様子は、卑猥で愉悦。 

「あぁぁぁぁぁぁぁイクッ!!!いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」 

イキッぱなしの状態に陥った貴方様は、ベッドの上で激しく頭を振り、シーツを握りしめている。
同時に、絶頂に達し続けている尻穴は凄まじい力で私のペニスを絞り上げる。 

ジュポジュポと厭らしい音を室内に響かせながら……………… 

乳首でもオーガズム♪
肛門でもオーガズム♪

相変わらずの淫乱ぶりに、今や月一の楽しみになってしまいました♪ 


 

 うふふふ♥ 

 変わらずのご寵愛、有り難うございます。
またのご来院を心よりお待ちしております。



関連記事
Posted by水城 エリ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply